総合防災システム・各種施設設備の設計・施工・メンテナンス

トップページ » トップページ » 【容器弁の安全性に関する点検】消防法に基づく点検要領が改正されました。

【容器弁の安全性に関する点検】消防法に基づく点検要領が改正されました。

平成21年3月31日付け 消防予第132号

経年劣化による、ガス消火剤の誤放出や火災時の不作動を防止するために・・・

※設置後15年を経過した容器弁は、5年以内に安全性に関する機器点検を実施することになりました。

①容器を工場にて点検します。(その間は代替容器を設置します。)②点検整備して再使用もしくは交換となります。③容器本体は、高圧ガス保安法に基づいて、耐圧試験を実施します。